北海道羅臼高等学校

知床の自然のごとく厳しく美しく
羅臼岳の如く悠然と

更新履歴

トピックス

羅臼町長懇談会 NEW!

 11月15日(水)6校時、湊屋稔羅臼町長、鈴木日出男羅臼副町長、山﨑守羅臼町教育長をお招きし、懇談会を行いました。この懇談会は、羅臼町の町づくりについての取り組みとこれからの課題について理解を深め、地元高校生として未来の町の担い手となるべく、地域の望みについて深く考えることを目的としています。生徒は「出産・子育て」「高齢者」「漁業」「産業」「観光」「人口」の6つのテーマについて事前に考えた質問や意見をぶつけていました。また、懇談会の最後には、一貫教育合同清掃で感じた「羅臼町をゴミの落ちていないきれいな町にしたい」という想いを嘆願書としてまとめ、町長に手渡しました。今回の懇談会を通して、羅臼町についてより深く知り、考えることができたようでした。

次代の親作りのための教育

 2年生の家庭基礎の授業にて、釧路から株式会社うつくしろ代表取締役 相座聖美様を講師にお招きし、「仕事と子育ての両立支援策」というテーマで講演が行われました。これは、小中高一貫ふるさとキャリア教育推進事業の「子どもダイスキ!プロジェクト」の取組の一つで、次代の親づくりのための教育を目的にしています。講演では、運営されているシェアオフィスについてや、相座様ご自身の体験談を中心に、仕事と子育てについてお話がありました。生徒達は、仕事と子育ての両立には様々な形があり、自分がどこに住みどのようなことをしたいか考えることができたようでした。

進路説明会

 11月14日(火)の3、4校時、2学年を対象に「進路説明会」が行われました。本時の目的は大きなイベントである見学旅行を終え、「進路へ気持ちを切り替える」でした。生徒は「就職」「専門学校」「大学・短大」の進路別に分かれて活動を行いました。
 「就職」グループは「パソコンで実際の求人票を見ながら、求人票の見方について学ぶ。更に興味をもった企業について、履歴書を書く」という活動、「進学」グループは「希望する学校についてパンフレット等で調べ、実際に願書を書く」という活動でした。
 どの生徒も真剣に取り組んでおり、2年生の進路に対する意識の高まりが感じられた2時間でした。

ハイスクールフェスティバル

 11月11日(土)中標津町総合体育館330°アリーナにてハイスクールフェスティバルが行われました。この行事は、根室管内の高校生が日頃の学習成果を直接地域住民に伝えるために開催されるお祭りです。今回が5回目にして、最後の開催となりました。
 当日は、生徒会による学校紹介、ジュニアリーダーコースの実践発表(地元の魅力を紹介)、写真部展示、創作料理プロジェクトメンバーによる「らうすトロイカップ」の販売を行い、祭りを盛り上げました。多くの方々に来ていただき、一市四町8校が一丸となったお祭りは大成功に終わりました。

地域学習

 11月9日(木)、1学年地域学習が知床ごんた村(斜里町)で行われました。午前中は2グループに分かれて、農業体験(なす畑の片付け)、ピッザ作りを行いました。無農薬野菜で作ったピッザは、とても甘く生徒は満足そうに食べていました。
 午後は、施設代表の竹田さんによる講話でした。ごんた村ができるまでの道のりや、出会う人を大切にすることの重要性を教えてくれました。初めて農業体験する生徒も多く、実りの多い学習となりました。

北海道キャリア教育サミット

 10月31日(火)に行われた北海道キャリアサミットについて、お知らせ致します。
 ふるさとキャリア教育推進事業の集大成ともいえる「北海道キャリアサミット」(札幌)に町内の小学生4名、中学生2名、高校生1名 計7名が参加してきました。一番最後の発表で、とても緊張をしていたようですが、生徒たちは堂々と羅臼町の魅力を語っていました。高校生を筆頭に連携があり見事な発表でした。また羅臼町のブースでは中学生が作成したPRパンフレットとともに塩と昆布を配付し、大盛況でした。地域の方々の親切に心よりお礼申し上げます。この事業はふるさとを知り好きになることや、また自分や家族を好きになり、生き方を考える取り組みとして始まりました。今後どのように子どもを育てるか、学校だけでなく地域と家庭と連携していきたいと改めて感じました。

 YouTubeにて当日の勇姿を見る事ができますので是非ご覧ください。
  「キャリア教育サミット2部」
(1:54:00から羅臼の発表です)

てしお乗船

 11月7日(火)、1学年が羅臼海上保安署所属の砕氷型巡視船「てしお」に乗船し、船内の見学と海上保安庁の業務についての学習を行いました。業務内容や船の設備・道具について説明をしていただいた他、実際に舵を操作して船を動かすなど、貴重な経験をさせていただきました。普段なかなか接することの無い海上保安庁の仕事について詳しく知ることができ、生徒たちは働くことについて視野が広がったようでした。ご協力くださいました羅臼海上保安署の皆様にこの場を借りてお礼申し上げます。

羅臼高校の特徴


幼小中高一貫教育

「羅臼に育ち、羅臼を育てる人材育成」という目標のもと、幼稚園・小学校・中学校・高校が連携し、「確かな学力」「健全な心身」「郷土愛・勤労観」の育成をしています。

一人一人に合わせた
進路指導

長期休業期間の講習や放課後講習も充実。学校規模が小さい分、一人一人に合わせて面接練習や進路活動を手厚くサポートしています。

進路に合わせた
二つのコース

生徒の進路希望に合わせて、進学に適した「文理コース」と就職や資格取得に適した「実務コース」の二つのコースを設定しています。

自然環境科目群

"think globally, act locally"の考えのもと、世界自然遺産である知床を舞台に、知床の自然、歴史、産業、環境について学び、持続可能な社会の創造に寄与できる人材を育てます。
北海道羅臼高等学校

〒086-1834
北海道目梨郡羅臼町礼文町9番地3

Phone: 0153-87-2481
Fax: 0153-87-3359

その他
アクセスカウンター
access counter