北海道羅臼高等学校

知床の自然のごとく厳しく美しく
羅臼岳の如く悠然と

更新履歴

トピックス

幼小中高一貫教育 知床学(クマ学習) NEW!

 本日は羅臼町一貫教育の活動の1つとしてクマ学習を行いました。知床財団の方を講師として招き、クマとの共存について学びました。羅臼町内でのクマとの遭遇の実態やクマについての知識の復習を行いました。後半は「クマを駆除するべきか、しないべきか」というテーマでグループディスカッションを行いクマとの共存についてより深く考えていました。

一貫教育合同清掃活動

 本日一貫教育合同清掃を実施しました。小中高生が複数のグループに分かれ、約1時間に渡って町内のゴミ拾いを行いました。北は羅臼漁港周辺、南は峯浜漁港と町内全域が清掃区域です。多くのゴミを拾うことができ、生徒にとって充実した活動となりました。今後はゴミを拾うことだけではなく、ゴミを減らすためにどのようなことをし、他者に働きかけをしていくかが課題となります。世界遺産の町をきれいにするために、今後もできることを継続していきたいと思います。

授業訪問:生物(3年)

 今回紹介するのは3年文理コースの選択科目「生物」です。2年生の「生物基礎」で生物学の基礎を学んだ後、この「生物」でより専門的な内容を学びます。一部の理系大学に進学する際に必要になる科目でもあります。本日は「生物が外界からの情報をどのように受け取っているか」という話に関連し、眼球の構造について、ブタの眼球を解剖しながら詳しく学習しました。実物を扱うことで、五感を通して生命の緻密さを学ぶと共に、生命の大切さについて考える機会にもなりました。

高3マーク模試

 9月16日(土)にセンター試験へむけた模擬試験を行いました。今回の模擬試験は「マーク模試」ということで、センター試験と同様、マーク形式で解答するものです。今回は3名の3年生が参加し、朝から夕方まで、それぞれが勉強してきた力を発揮して問題に取り組んでいました。今後も、様々な模擬試験や検定の機会を充実させ、進学や就職に向けた支援を行っていきます。

コオーディネーショントレーニング

 放課後、羅臼町体育館で行われたコオーディネーション体験会にバドミントン部とバレーボール部が参加しました。バドミントン部はラケット操作と反射能力の活用法について、バレーボール部は基本動作と脳の関係について、実際に動きながら学ぶことができました。今日学んだことを生かして、今後の部活動に役立てたいと思います。

各種委員会活動

 本日放課後、各種委員会活動が行われました。
 図書委員会では、まず前期の活動反省を行いました。その後、新刊を蔵書する準備を行いました。活動の中では、和気藹々と活動する生徒の姿が見られました。今後もより良い図書室の運営のために活動していきたいと思います。
 体育委員会では、前期に行った活動の反省をし、今後の体育委員会の活動をより良くするための改善策について話し合いました。その後は、9月27日に開催される体育大会に向けた準備を行いました。体育委員会として最も大きな仕事となる行事を成功させるために生徒たちは意欲的に活動していました。

一貫教育合同清掃にむけて

 来週19日(火)に行われる一貫教育合同清掃に向けて事前学習を行いました。「町内に捨てられているゴミの現状の理解」「高校生に求められるリーダーシップ」について各清掃区域の班で集まり、話し合いを行いました。学習の最後には今回の清掃の目標を班ごとに設定しました。昨年度より充実した清掃になるように取り組んでいきます。

羅臼高校の特徴


幼小中高一貫教育

「羅臼に育ち、羅臼を育てる人材育成」という目標のもと、幼稚園・小学校・中学校・高校が連携し、「確かな学力」「健全な心身」「郷土愛・勤労観」の育成をしています。

一人一人に合わせた
進路指導

長期休業期間の講習や放課後講習も充実。学校規模が小さい分、一人一人に合わせて面接練習や進路活動を手厚くサポートしています。

進路に合わせた
二つのコース

生徒の進路希望に合わせて、進学に適した「文理コース」と就職や資格取得に適した「実務コース」の二つのコースを設定しています。

自然環境科目群

"think globally, act locally"の考えのもと、世界自然遺産である知床を舞台に、知床の自然、歴史、産業、環境について学び、持続可能な社会の創造に寄与できる人材を育てます。
北海道羅臼高等学校

〒086-1834
北海道目梨郡羅臼町礼文町9番地3

Phone: 0153-87-2481
Fax: 0153-87-3359

その他
アクセスカウンター
access counter