北海道羅臼高等学校

知床の自然のごとく厳しく美しく
羅臼岳の如く悠然と

更新履歴

トピックス

空手選抜全道大会 NEW!

 1月17日(水)、18日(木)の2日間、空手道の全道大会が行われました。本校からは岩原恭汰君(2A)と三浦晃慎君(2A)の2名が出場しました。結果は以下の通りです。

男子個人形 岩原恭汰 ベスト16
男子個人組手(-61kg)三浦晃慎 ベスト16
男子個人組手(+68kg)岩原恭汰 ベスト16

 5月に開催される高体連の釧根支部予選会に向けてさらに努力していきます。

空手道壮行会・全校集会

 1月16日(火)に空手道の壮行会と冬季休業明けの全校集会が行われました。
 壮行会では、全道大会へと出場する2名それぞれが大会へ向けた意気込みを述べるた後に、校長と生徒会長から激励の言葉を受けました。日頃の練習の成果が結果として現れることを願っています。
 全校集会では校長から、自分たちの高校を象徴する歌である校歌を元気よく歌うことの意味や、自分に厳しくすることの大切さなどについてお話がありました。

センター試験自己採点

 1月15日(月)、本校図書室にてセンター試験の自己採点を行いました。今年度は3名の生徒がセンター試験を受験しています。本日の自己採点は、センター試験の振り返りと、志望校への合格可能性を予測するためのものです。生徒たちは各々真剣な顔で、自己採点を行っていました。2月下旬の国公立大学2次試験に向けて、生徒たちはこれからも頑張っていきます。

冬季休業前集会

 12月22日(金)5校時に賞状伝達と冬季休業前の全校集会が行われました。賞状伝達では写真部と空手道の表彰が行われ、校長と生徒会長からねぎらいの言葉を受けました。写真部は全国大会、空手道は全道大会へ出場します。
 全校集会では、校長と生徒指導部長からお話がありました。平成29年を終えるにあたり今一度自身の行動を省みること、平成30年という節目の1年をどのように過ごすかといった話がありました。

授業訪問:数学Ⅰ

 12月22日(金)1時間目の数学Ⅰの授業では「測量士になろう」と題して、体育館のいろいろなものを測量しました。これまでの授業では、三角比について学習しており、そのまとめとして私生活の中に三角比を活用していくことを目的としています。生徒たちは実際に測ることが難しいバスケットゴールの高さやステージ上の校章の高さなどを、三角比を用いて測量していました。

水産教室閉級式・記念講演

 12月21日(木)第33次「高校生の水産教室」閉級式・記念講演会を実施しました。今回の閉級式で今年度の水産教室の授業が終了となります。また、記念講演では標津サーモン科学館館長市村政樹様をお招きし、羅臼の水産業や、知床の生態系でも重要な役割を果たしている鮭に関するお話をしていただきました。生徒は、羅臼で獲れる魚の魅力や特徴を聞き、羅臼の恵まれた環境について再確認していました。

知床学士検定

 12月18日(月)の放課後、知床学士検定が開催されました。この検定は、羅臼町の中学生・高校生のみ受験することができる、大変特色があるものです。今年度の羅臼高校の受験者は37名で、 全校生徒の1/3以上が受験しました(3級17名、2級17名、1級3名)。最難関の1級は、筆記試験の他に口頭試問・実技試験があります。今年は本校から3名が挑戦したほか、中学生も1名来校して受験しました。生徒たちは、本日まで頑張ってきた勉強の成果を、存分に発揮している様子でした。

キャリア教育講話

 12月18日(月)中高合同講演会として札幌大谷大学より平岡祥孝教授をお招きしてキャリア教育に関する講演をして頂きました。講演は「学びを通して社会人基礎力を養う」と題し、社会に出た後に求められる社会人基礎力と現在学習している基礎学力の関係や大切さについて、様々なデータをもとに説明をして頂きました。生徒たちは学校での学習の意味を再認識すると共に、質問や意見を言うなど積極的に参加していました。

今月の写真 by 写真部


2017年12月8日 更新

羅臼高校の特徴


幼小中高一貫教育

「羅臼に育ち、羅臼を育てる人材育成」という目標のもと、幼稚園・小学校・中学校・高校が連携し、「確かな学力」「健全な心身」「郷土愛・勤労観」の育成をしています。

一人一人に合わせた
進路指導

長期休業期間の講習や放課後講習も充実。学校規模が小さい分、一人一人に合わせて面接練習や進路活動を手厚くサポートしています。

進路に合わせた
二つのコース

生徒の進路希望に合わせて、進学に適した「文理コース」と就職や資格取得に適した「実務コース」の二つのコースを設定しています。

自然環境科目群

"think globally, act locally"の考えのもと、世界自然遺産である知床を舞台に、知床の自然、歴史、産業、環境について学び、持続可能な社会の創造に寄与できる人材を育てます。
北海道羅臼高等学校

〒086-1834
北海道目梨郡羅臼町礼文町9番地3

Phone: 0153-87-2481
Fax: 0153-87-3359

その他
アクセスカウンター
access counter